THE YELLOW MONKEYのライブに行ってきた(感想)

By: Daiki Nimura
Posted: 2020-11-03
Music

ライブはおそらく 1 月の Bon Iver 以来かな?

一番親しんでいるバンド、The Yellow Monkey のライブに行ってきた。

会場は東京ドーム。

セットリストは最後に載せてます。

観客を入れてこの規模でコンサートを行うのはおそらく世界初なんじゃないかって吉井さんも MC で言っていたけどキャパは通常の 5 万人から半分以下に落とした 19000 人。

でも見た感じはしっかりと埋まっていて観客もあまり喋ったり盛り上がったりはせずにしっかりとマナーを守って静かに楽しんでいた。

そんなメモリアルなライブの 1 曲目は 1st 収録のバラード、「真珠色の革命時代」。

ストリングスのイントロに合わせてメンバーが登場して演奏が始まった時には流石にとても感動した。

続けて追憶のマーメイド、Spark で盛り上げた後の挨拶 MC。吉井さんの MC は基本面白いので観客の笑い声が無いのは違和感があった。曲間とかも凄い静かだった。日本人の集団マナー遵守力恐るべし。

この日前半のハイライトは間違いなくエマちゃんのイントロ付きで演奏された「球根」。こんなご時世だからこそすごく響いた。ちょっと演奏が走ってたのも良かった。

センターステージに移動して「一緒に歴史を振り返りましょう」と言って始まったのが 6th 収録の名曲「花吹雪」。最近すごい聴いていたので個人的タイムリー。ここで少し涙ぐむ。

続いてゆっくりめのフォーカウントから演奏されたのが「Four Seasons」。すごい好きな曲なのでびっくりした。この曲のラスサビは本当に凄い。

初期の曲メドレーに続いて演奏された「Burn」は久々に聴いたら凄い迫力があった。なんかこんないい曲だったっけ?笑

続いては「イエローモンキーのロックを聴いてください」からの「JAM」。うん。まあいい曲だよ当たり前だけど。ラスサビでこの日初めてのシンガロングタイム。みんな抵抗があるのか控えめに歌っていた。

メインステージに戻ってからピアノソロがあって聴き入っていたらすごく懐かしいピアノイントロになだれこんで「メロメ」が始まった。思い入れが強い曲&やると思ってなかったのでさすがに泣いた。最後に演奏したのは 20 年前の東京ドームかな?すごいよね。

本編最後は新曲の「未来はみないで」。改めて聴いたらいい曲だった。まあこれは音源の方がいいかな…笑

続いてアンコール 1 曲目は楽園!いやー楽園クソ好きなんだよね。ラスサビ前のあーあーあーのとこクソ好き!最高だった。

悲しき ASIAN BOY で終わりかと思いきや最後は解散前最後に出したシングルのプライマル。なんかドームツアー終わったら少し休止期間に入るらしいけどその寂しさみたいなのも改めて感じさせられた。

感想

いやー 120 点。メロメと Four Seasons と花吹雪が本当に良かった。横浜アリーナのライブストリーミングもみようかしら。

セットリストはマークダウンで。

1. 真珠色の革命時代
2. 追憶のマーメイド
3. Spark
4. Balloon Balloon
5. Tactics
6. 球根
7. 花吹雪
8. Four Seasons
9. Foxy Blue Love
10. Sleepless Imagination
11. 熱帯夜
12. Burn
13. Jam
14. メロメ
15. 天道虫
16. パンチドランカー
17. Love Communication
18. バラ色の日々
19. Suck Of Life
20. パール
21. 未来はみないで

22. 楽園
23. Alright
24. 悲しき Asian Boy
25. プライマル。

最後に、難しい状況の中ライブを実現してくれたイエローモンキーと関係者の皆様達に感謝。

https://res.cloudinary.com/dw86z2fnr/image/upload/v1620383436/titanicrising.jp/tym-concert/2103DEE8-6612-4367-A788-D3421CA87312_zosevs.jpg

人気の記事